人気ブログランキング |

着物の虫干し

c0144511_1415319.jpg




梅雨が明けて、土用の丑の日のあと・・着物を干すといい と母がいつも言っていたのを毎年思い出し、この時だけは着物を出して、風通しのよいお部屋で干しています。

もう梅雨はとっくに明けているし(笑)、土用の丑の日も終わったし、台風までやってきている・・
ちょっと遅いくらいですが、先日、干しました。

よく調べてみたら、虫干しは2月10月の一番湿度の低い時がいいみたいですね。土用の丑の日のあとというのは、梅雨の間の湿気を取るのにいいらしいですよ♪

花火大会や秋祭りが9月にかけてありますね。 夜の浴衣でも地域によっては暑いですから陰干しするとやっぱりいいと思います。

桐たんすにしまっておくのが一番着物はいいなあと思いますが、私は、葛籠(つづら)です(笑)

一枚ずつ着物と帯を着物のたとうしに包んで、樟脳(しょうのう・虫よけ)や、におい袋、除湿のパックを着物と着物の間に入れます。

半年で湿気がたまるのでびっくりします。 

葛籠は、タンスに比べて場所も取りませんし、とても便利です♬ これは、人形町の岩井つづらさんで作ってもらいました。 漆は、カシューですが、一つ一つ手仕事でいろいろと相談に乗ってもらいました。 今は、HPもあります! 着物だけではなくてサイズもいろいろお願いできます(上記写真のものは2尺6寸)のでお近くの方はぜひ一度お店に伺うといいですよ。 

江戸の小粋なお店がまだ残っている町で、とても楽しいですよ☆彡☆彡

いつもありかとうございます

愛と光
Maria's Blue

なおこ





by mariasblue | 2016-08-12 14:25 | 好きなもの

日々思ったこと・気まぐれマクロビレシピ・クリスタル界からのメッセージを綴っています。


by Maria's Blue なおこ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31