人気ブログランキング |

<   2016年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ただ看てあげること

c0144511_16375898.jpg

そっちじゃないのに。

こうしたらいいのに。

いくらそれが命が助かる路でも、もっと幸せが待っている選択だとしても、

そこに直面している本人が、自分の意志でそれを選択しないのならば、その人の学びの路を取ってしまうだけ。
目に見える現実と、物質的には、親切にみえるかもしれないけれど。


その人にとって何が一番いいのか。 真の思いやりってなんだろうかって思ったとき、ただその人の選択をだまってみていてあげるのが思いやりの時もある。

逃げずに黙って受け入れて看つづけるって、感謝してはもらえないかもしれないけれど(笑) 一番の優しさかもしれないなあと思う。


間違いはそもそもないんだから(笑) 

体験して理解することは、その人にしかわからない。

それはとても大切なこと。

それをするためにこの地球(ほし)に来ているのだからね。




いつもありかとうございます。

愛と光
Maria's Blue

なおこ




by mariasblue | 2016-08-26 16:53 | 心のままに
c0144511_17181098.jpg
早朝の伊勢神宮、もうすでに駐車場もかなり混んでいて・・参拝客がたくさんいました。 外宮も内宮も・・・時間がなくて・・
正宮のみの参拝でした。
豊受大神宮 外宮(げくうと呼ばれる) 豊受大神(とようけのおおかみ)さま、 
皇大神宮 内宮(ないくうと呼ばれる)には、天照大神(あまてらすすめおおみかみ)さま。

呼吸を整えながら自分の内側を感じながら歩いていくと・・日常とは違う存在を身近に感じたり、、この世にあるものは、実は歓びと感謝・・それだけなんだなあって  本来の自分に戻っていくような感じがします。

余談ですが
筑波山から北へ・・・常陸にはいる手前にも 伊勢の豊受大神宮(外宮)、皇大神宮(内宮)が茨城県東海村にあります。豊受大神さまと天照大神さまがいらっしゃいます。 昔・・村人に光が降りて・・・神からのお告げ・・伊勢の神様をおまつりするようにと・・
お近くの方、こちらもぜひご参拝くださいね(笑)


愛と光
Maria's Blue
なおこ









by mariasblue | 2016-08-18 12:00 | 心のままに
c0144511_17165568.jpg
五十鈴川で手を清めてから神宮にお参りを!と伊勢神宮では言われる禊の川・五十鈴川。 水が本当にきれいで、手を入れるとたくさんの
稚魚が泳いでいました。 夕方についてしまったので着いた日は、手を清めただけ。

c0144511_17151845.jpg
ここは、夕食をとった”とうふや”というお料理屋さん、おかげ横丁にあります。 お豆腐三昧に炭火で焼いたアナゴのお料理です。
五十鈴川をみながらゆったりとお食事をいただけます。 予約の☎を入れましたがもうすでに窓側はラストオーダーまで満席でしたが、それでもガラス張りの家屋で外を眺めながらお食事ができました♬ 以前来た時に友人に教えてもらった場所です。

c0144511_17145905.jpg
これは、伊勢の内宮のそばにある”おかげ横丁”です。 ”神恩太鼓”さんたち。 ここからではあまりわかりませんが、一人ひとりすごく美しくて・・・お顔も、音色も、、 いろいろな太鼓と笛と掛け声(うた)のハーモニーなのですが、本当に!ハーモニーなのです!!
太鼓は、力任せにたたくのはよく遭遇するので・・実は私は好きではないのですが、こんな太鼓があるのか!とびっくりしました。 力強いのだけれど、笛の音色が入れば笛に混ざり、美しい掛け声が入れば音色がまたかわる。 本当に素晴らしい演奏でした。
”おかげさまで 天下泰平 ・五穀豊穣”  彼らのうたの1フレーズです。 素晴らしい!!! ありがたい演奏でした。

おかげ横丁に行った際はぜひ彼らの演奏をきいてみてください!


愛と光
Maria's Blue
なおこ






by mariasblue | 2016-08-17 12:00 | 心のままに
c0144511_16225486.jpg
奈良県の吉野山に8月14日に行くことになり、その前後も行きたかったもろもろの場所へ・・車で行こう!と計画を立てていたのですが、夫の体力とお互いの仕事の都合で結局は 伊勢の二見輿玉神社、伊勢神宮、宇陀の水分神社、そして吉野山のお寺へ 行ってきました。

これは、二見岩(夫婦岩)がある輿玉神社。 御祭神は猿田彦大神、 宇迦御魂大神、綿津見大神(境内社 龍宮社)、大若子命(飛地境内社 栄野神社)。 

カエルさまが神さまの御遣いとしてたくさんいます☆彡 

この日は、雨が降りそうだったにもかかわらず、5時13分の日の出にはすでにたくさんの人がいました。
伊勢は、伊勢の神宮というくらい・・伊勢市だけでなく近隣の市にある神社さんたちも含めて神宮なんですね。 ずいぶん前に、その125もある神社さんをみんなで手分けしてお参りしよう!ということを何人かで数日泊りでしたことを思い出しました。

今回は、初めて伊勢に来る夫との旅。 

伊勢に来たとたん・・心の奥がはじけたように涙を流していました。 そうなんです! 来たかったのです!伊勢は、すごいなあ。。夫婦の在り方を今回の旅でたくさん教えてもらったようなきがする。  誰もが子供のころからきいたことがあるような教え。かみさまたちが伝える教えはいつもそういうものだなあって思う。 めおとのおしえもそうなんだなあって思った。

行った先々での写真を何回かに分けて書きたいと思います☆彡☆彡
c0144511_16590628.jpg


この写真は、宇陀の水分神社におられる夫婦杉さま☆彡☆彡  穏やかなご夫婦だなあ~・・つながっているんだから、別々でもいい?(お互いの行動が)信頼しなさい そんなふうに感じました。


愛と光
Maria's Blue
なおこ







by mariasblue | 2016-08-16 17:10 | 心のままに

着物の虫干し

c0144511_1415319.jpg




梅雨が明けて、土用の丑の日のあと・・着物を干すといい と母がいつも言っていたのを毎年思い出し、この時だけは着物を出して、風通しのよいお部屋で干しています。

もう梅雨はとっくに明けているし(笑)、土用の丑の日も終わったし、台風までやってきている・・
ちょっと遅いくらいですが、先日、干しました。

よく調べてみたら、虫干しは2月10月の一番湿度の低い時がいいみたいですね。土用の丑の日のあとというのは、梅雨の間の湿気を取るのにいいらしいですよ♪

花火大会や秋祭りが9月にかけてありますね。 夜の浴衣でも地域によっては暑いですから陰干しするとやっぱりいいと思います。

桐たんすにしまっておくのが一番着物はいいなあと思いますが、私は、葛籠(つづら)です(笑)

一枚ずつ着物と帯を着物のたとうしに包んで、樟脳(しょうのう・虫よけ)や、におい袋、除湿のパックを着物と着物の間に入れます。

半年で湿気がたまるのでびっくりします。 

葛籠は、タンスに比べて場所も取りませんし、とても便利です♬ これは、人形町の岩井つづらさんで作ってもらいました。 漆は、カシューですが、一つ一つ手仕事でいろいろと相談に乗ってもらいました。 今は、HPもあります! 着物だけではなくてサイズもいろいろお願いできます(上記写真のものは2尺6寸)のでお近くの方はぜひ一度お店に伺うといいですよ。 

江戸の小粋なお店がまだ残っている町で、とても楽しいですよ☆彡☆彡

いつもありかとうございます

愛と光
Maria's Blue

なおこ





by mariasblue | 2016-08-12 14:25 | 好きなもの

日々思ったこと・気まぐれマクロビレシピ・クリスタル界からのメッセージを綴っています。


by Maria's Blue なおこ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31